【ワークマン神活用】2つのワークマンのキャンプ薪割り斧 完全比較!

IMG_4016

ワークマンで手に入る
2つのキャンプ用薪割り斧!

ハンドアッキス
  VS
ショートアッキス

どっちがすごいの?
完全比較してみました!

【目次】

1 ワークマン 2つのキャンプ用手斧!
2 ハンドアッキス VS ショートアッキス!
3 ナイフの手軽さ ハンドアッキス!
4 本格的な薪割りショートアッキス!
5 まとめ

車中泊とキャンプの情報が満載!
タダユウ☆車中泊キャンプ研究所ブログ メインページへ
こちらをクリック!

キャンプといえば手斧で薪割り!
買ってくる薪もお手軽でいいけど
やっぱり自分で薪割りするとテンションあがります!
ちまたのキャンプブームを受けて
さまざまお店がキャンプ用品を扱うようになってホント便利ですよね!
実はあのワークマンで手斧が買えるのです!
ついにワークマンさんは手斧にまで手を伸ばしたか!と感心してしまいました!笑
(なぜかワークマンさんでは「アッキス」という呼び方をしてます!)

ちなみに数あるワークマンの中でキャンプ用品が置いてあるのは
ワークマンプラスのお店です!

安くて高性能なキャンプギアが手に入るワークマンプラスさん!(ワークマンHPより)

ワークマンで売っているショートアッキスとハンドアッキスはどちらも高儀さん製なのです!
(注:2024年現在、ハンドアッキスは「軽量ハンドアッキス」、ショートアッキスはなぜか「ハンドアッキス」とホームページ上で呼ばれていますが買った当時の呼び名の方がしっくりくるので今回はあえて「ハンドアッキス」「ショートアッキス」と呼ぶことしました)

硬くて太い流木の薪にはやっぱりショートアッキス!
薄刃仕様のハンドアッキス。ナイフ感覚で使うならこちらもアリです!

なんでわざわざ同じメーカーの違うものをワークマンで売るのか!
それは目的が全然違うからです!

ではそれぞれのスペックを確認していきます。

ナイフのような手軽さハンドアッキス!
こちらがハンドアッキスの外観とスペックです。

  ブランド   :髙儀(Takagi)
  重  さ   :480グラム!
  ブレードの材質:ステンレス鋼

ハンドアッキスのサイズ(Amazon HPより)

■ハンドアッキスの3つの特徴
・軽量でハンドリングの良し
・薄刃でナイフ扱いも可能
・太くて硬い薪は不向き

それでは順番に見ていきましょう!

・軽量でハンドリング良し
ハンドアッキスはハンドリング重視で
薄刃仕様で軽量なフルタング(柄の部分まで鋳鉄で一体となったもの)斧です。
ハンドアッキスの1番の良さは
手斧でこの軽さではないかと思います。
しかもフルタングなのに重さはたったの480グラム!
市販の薪を手軽に細かく割っていく作業には最適ですね!

軽い薪を割るには最適なハンドアックス!(Amazon HPより)

・薄刃でナイフ扱いも可能
ハンドアッキスは約6mmの薄刃仕様です。
なのでナイフのような使い方も出来るのが嬉しいですね!
憧れのフェザースティックも作れます!
改めてキャンプナイフを買わないのであれば
こちらのアッキスで対応できるのが嬉しいですよね!

キャンパーの憧れ!フェザースティックも作れちゃいます!(Amazon HPより)

・太くて硬い薪には不向き
なんかキャンプ用の手斧としては
スキがないスペックにみえる
このハンドアッキスにも弱点はあります。
軽量化のためか斧の刃は約6mmで
フラットに薄く作られています。
なので太い薪や硬い薪を割る時には
フラットなのでなかなか割れません。
それに割る際に斧の背を薪で叩くのですが
なかなか力が伝わらないのです。
この「軽さ」と「薄さ」のため
大型の薪や硬い薪を割るには不向きです!

太くて硬い薪は手ごわいです!

本格的な薪割りならショートアッキス!
こちらがショートアッキスの外観とスペックです。

  ブランド   :髙儀(Takagi)
  重  さ   :840グラム
  ブレードの材質:ステンレス鋼

ショートアッキスの3つの特徴
・刃先が太いのでナイフ扱いには不向き
・刃先が流線型で木に食い込みやすい
・斧頭が頑丈で重さがある

それでは順番に見ていきましょう!

・刃先が太いのでナイフ扱いには不向き
ショートアッキスは薪を割ることに特化した仕様となっているようにみえます。
なので刃先は薪にしっかり食い込む形になっているためナイフのような使い方にはやや向いてないのかなと思います。
フェザースティックを作りたい方は別のナイフで作ることになりますし、我々は麻玉を火口(ほぐち)にするためフェザースティックは作らないとてナイフ的な使い方はしなくても大丈夫なのです!

・刃先が流線型で木に食い込みやすい

・斧頭が頑丈で重さがある

軽量でハンドリングの良さが売りの「ハンドアッキス」に対してこちらの「ショートアッキス」は重厚でガッチリ薪割りに向いています。
斧の刃は刃先は約6mmなのでハンドアッキスと
同じですがだんだん厚くなっていきます。
一番厚くところでは約12mmくらいとなります。
また刃頭の重さも十分にあるため
薪への打撃力が増します。

ウチはダムや海岸で流木を拾ってきて
薪にするため薪が大きかったり、固かったりと
手強い薪がメジロ押しなのです!
また我らは薪の着火の火口は手作りの麻玉なのでフェザースティックは作らないため
ジャンジャン薪を割れるショートアッキスを
愛用しています!

今回はワークマンが誇るキャンプ用薪割り手斧の「ハンドアッキス」と「ショートアッキス」を比べてみました。

それぞれ異なる目的で作られていることがよくわかりました。
みなさんはソフト薪割りのハンドアッキス派かハード薪割りのショートアッキスのどちらがお好みですか!
我々としては流木拾ってタダで薪をゲットしてショートアッキスでバシバシ薪を割ることをおすすめします!

タダで手に入れた流木の薪たち!なかなかワイルド!

【関連記事】


投稿日

カテゴリー:

,

投稿者:

タグ: