オリジナルブールシートタープを作ってみた!

IMG_1984

タープは
キャンパーの魂です!

キャンプにおけるタープは別格の存在です。

テントやBBQ台などは
寝るために必要だったり
肉を焼いたりする機能があります。

 

IMG_4783
タープはキャンパーの魂です!

タープももちろん雨や枯れ枝などを防ぐ機能はありますが
それよりなにより
キャンプのシンボルなのです!
タープがあるだけで
気分が盛り上がります!

でもタープは高い!
そんな中、安くてコンパクトな
オリジナルブルーシートタープを作りました!

タダユウ☆オリジナル ブルーシートタープ!

【目次】

1 軽くてコンパクトなタープがほしい!
2 ブルーシートタープの作り方
3 実際のキャンプで使ってみた!
4 まとめ

憧れのタープ!でも高い!重い!

キャンプにおけるタープは風よけや雨や落ち葉などの
飛来物を防ぐ役割があります。

しかし!タープはそれだけでなくタープを張ることによる
高揚感というか、満足度が全然違います

最初のころ、我らはタープ無しの時期もあったのですが
他ののキャンパーがタープを張っているのをみて
正直、うらやましかったです。涙

そこでタープを探し始めたんですが他の100均キャンプ四天王さん(BBQ台、焚火台、キャンプテーブルとタープ)と同じく有名メーカーさんのものは高い!重い!

スノーピーク製タープ 約40000円(スノーピークHPより)

そんな中、100均ショップ、ホームセンターに通い、たどり着いたのが「ブルーシートタープ」です。

ブルーシートタープを作るのに必要なものはこれです!

 ①ブルーシート1枚
  (防炎シート 3000円

 ②支柱×4本
 (のぼり旗用支柱 1本300円)

 ③支持ロープ
 (100均のロープ)

 ④ペグ
  (キャプテンスタッグ特売品)

まず①ブルーシートついて考えてみます。
求められる性能は「撥水性」と「防炎性」です。
当初は普通のブルーシートから研究をスタートしたのですがこの撥水性はよいのですが防炎性がない。

焚き火をするため、どうしても火の粉で穴が開いてしまいます。。
これを解決したのがカインズの防炎シートです!
これは防炎性能もあり、しかも色がブルーでない!!笑
色がブルーでないため「ホームレス感」がかなり軽減されています!笑

次に②の支柱です。
支柱は軽くてコンパクトに収納できるものが希望でした。
またある程度タープ下の空間を確保するためには3mくらいの高さが欲しいところです。当初、100均のつっぱり棒を探していたのですが細くて風に耐えられなかったり、長さが短かったりとなかなか良いものが見つかりませんでした。

そこで探索範囲をホームセンターのカインズに拡げました。そうしたらいいものを見つけました!イベント用のフラッグをたてるポールがちょうどぴったり!
長さは3mで十分だし、イベント用フラッグにも耐えられるように太さも十分です。こちらを採用することにしました!

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

次に必要なのが③の転倒防止用の控えとなるロープとそれを固定するペグです。こちらはダイソーにて12mで100円ものがあったためこれも即決しました!

他のお店もいろいろ調べたのですが3mしかなかったり値段が高かったり。。。
12mのロープで100円は破格の値段です!

あとはロープを地面に固定するために必要なペグです。
ペグは代々木公園で行われたアウトドアフェスの特売品でキャプテンスタッグのものをお手頃な値段でゲットしました!

さていよいよ現地でブルーシートタープを張っていきます!

それでは実際のサイトで我々がタープを張った写真を見ながら実際どのような手順かご紹介します!

・タープを張る位置を決めよう!
タープを張る時に重要なのがタープを張る場所です。
キャンプサイトの広さや形もそうですし
どこでBBQや焚き火をするか
荷物はタープ下か外かなど、毎回タープの場所は悩みますね!

イメージができたらタープを地面において位置を確認します。

IMG_7366

・ポールを立ててロープで地面から支持を取る。

ポールの高さがきまったらタープの四つ角にポールを置きます。
ポールだけでは倒れてしまうので地面からペグを打ち、
ロープで引っ張る必要があります。

地面とロープをつなぐ役目のペグを地面に打ちます。

ポール1本につき2本のペグを打っていきます。タープを引っ張りたい方向の45°開いた位置でペグを打つとうまくタープを引っ張れます。

ロープとペグでポールを固定します!

次にロープを張っていきます。タープの四隅にポールを接続しています。  ポールにブルーシートをかぶせます。そこをロープで4~5回ぐるぐるまわします。こうすれば抜けることはまずないです!ロープの先端には自在金具を付けておきます。自在金具も100均ショップで買えます!

自在金具を付けたロープをペグに引っ掛けます。これを4隅の全てで行います。

自在金具でタープがお好みの形になるようにロープを引っ張りながら調整していきます。

タープがお好みの形になれば完成です!

夜になると有名ブランドタープと同じに見えます!

タープの張り方のいろいろありネットでも皆さんいろいろなタープの張り方にチャレンジしています!

我らタダユウ☆も、もっともっとかっこいいタープを目指して日々研究を重ねています。

ぜひみなさんもオリジナルタープにチャレンジしてみてください!

【関連記事】


投稿者:

タグ: