【ワークマン神活用】ワークマン斧で薪割りをしてみた!

IMG_4016

薪割りって楽しそう!

ワークマン手斧
‘ ショートアッキス ‘ で
流木の薪を割ってみた!

【目次】

1 薪割りって楽しい!
2 手ごわい薪にはショートアッキス!
3 ワークマン斧で薪を割ってみた!
4 まとめ

みなさん、薪割りいわゆるバドニングってやってますか?市販の薪の束をホームセンターとかで買ってそのまま焚き火をするならバドニングはしなくても良いかもですね。

しかし!我らは拾ってきた流木を玉切りしたものを薪にするために薪割りをする必要があります。

関連記事:流木拾いで無料の薪をゲットしてみた!はこちらをクリック!

しかし流木の薪は硬くてなかなか割れません
そんな時に出会ったのがワークマンのショートアッキスです!

ワークマンの手斧「ショートアッキス!」

薪割りにはいろんな方法がありますが
我々が出来そうな方法は
この3つの薪割り方法が主なものかと思います。
我らが相手にするのは硬くて割れない「流木の薪」です。
とても手ごわいですが一般的な薪割り方法で試してみました!

 ①ナイフによる薪割り
 ②ナタによる薪割り
 ③斧による薪割り

それでは順番に見ていきましょう!

①ナイフによる薪割り
キャンプで使うナイフを用いて薪割りをします。
このナイフは肉を切ったりロープを切ったりと
キャンプシーンでとっても役にたつアイテムですよね。

ナイフでの薪割りはもともと割ってある薪を更に細くする場合にはお手軽で使いやすいです。
ただ流木玉切り薪は太いのでナイフでは無理なんです!

ナイフはかっこいいけど大きな薪を割るのには不向き!

②カインズナタによる薪割り

次はナタによる薪割りです。
ナタでなら細い流木玉切り薪を割ることは可能です。
割と軽いし買う薪なら乾燥して割りやすいので
ナタで十分バドニングを楽しめます!

ナタはカインズで割とお手頃な値段で手に入ります。

しかし我らが相手にしている流木玉切り薪は一筋縄ではいかないのです!
中には十分に乾燥していてなくて、太くてとても硬いものがあります。そうなるとカインズナタだけでは歯が立たないものがでてくるのです。全然割れません!笑

細い薪を割るならいけるカインズナタ!
流木から作る薪は太くて手ごわいです!

③ワークマン手斧による薪割り
そうなるとカインズナタよりもうちょい強力なものがほしくなります。
そんな時出会ったのがワークマン斧です!

なんとワークマンさん、薪割り用の斧までラインナップされてました!驚

いつもなら「高いなぁ」と躊躇する我らが即買いしました!笑

ワークマン斧は柄の長さもほどよく刃先も割と厚めなので、
これなら硬い流木でも割れやすくなります。

ワークマン斧だけは割れない場合はタガネやオリジナル手作り木製くさびを
使ったりします。

関連記事 オリジナル木製くさびを作ってみた!はこちらをクリック!

こちらがワークマン手斧「ショートアッキス」です。
2024年4月現在ではワークマンのネットショップは新しい手斧(ハンドアッキス!)のみのようですが先日行ったワークマンプラスでは我々のワークマン手斧がまだ売っていました

ワークマン ショートアッキス! 薪割りの相棒です!

みなさんもワークマンプラスやオンラインショップに行くとわかると思いますが現在は黒い「ハンドアッキス」がメインで売られています。

我らも「ショートアッキス」か「ハンドアッキス」か悩みました。
(ちなみにどちらも高儀さんの製品です!)

ハンドアッキスは軽くてハンドリングは良いのですが
薄刃仕様なので硬くて太い流木の薪を割るには不向きです

逆にナイフ替わりにも使えてフェザースティックも作れるようなので
ヘビー薪割りユーザーでなればハンドアッキスが良いかもです!

薄刃仕様のハンドアッキス。ナイフ感覚で使うならこちらもアリです!

手ごわい「流木薪」を割るには刃が分厚い「ショートアッキス」に決めました!

硬くて太い流木の薪にはやっぱりショートアッキス!

ワークマン手斧の長さは約29cm
長すぎず短すぎず作業のハンドリングが良いです。

長さは約29センチ!使いやすい長さです!

斧をにぎる部分は樹脂製
少し柔らかい感触で握りこごちもよく手になじむ感じです。
樹脂なので軍手などをしてても
滑りにくい
のがうれしいですね!

手ごろな大きさと握りやすい樹脂製の持ち手部!

刃先厚は約6mmほどで斧頭はそれなりの重量があるため
薪への一刀目で薪に食い込みやすくなっています!

斧頭部は約12センチ!

この先細り(というか根本が太い)形は薪に食い込み割る力を生みます!
流線形の形が斧っぽいですよね!

流線形の斧頭部!刃先の厚みは約6mmで薪に食い込みます!

こんなに使いやすくて
斧としての機能もじゅうぶんなのですが、
この斧が2000円以下で買えるのです!
ワークマンさん、えらい!

この斧をワークマンプラスで見た時、
「これだ!」と大喜びしたことを思い出します!
もちろん。即決で「買い!」でした!

ここでは我らの実際の薪割り風景をご紹介します!

薪を割るには土台が必要なので薪割り台をセットします。
薪割り台はキャンプサイトに置いてあることもありますが、
我らはダムでゲットした丸太流木の玉切り材を使っています!
サイズも薪割り台にちょうどいいので気に入ってます!

ダムでもらった流木の薪割り台!

次に割りたい流木玉切りをセットします。
自然のものなので節があるのでそれを避けて割る位置を決めます。
決めたらワークマン斧をセットします。

ここで我らはワークマン斧の背中を手頃サイズの流木で叩きます
巷では斧をセットして、ある程度食い込ませたら薪ごと斧を振りかぶって薪割り台に叩きつける方法も紹介されています。しかし玉切り流木が重くてとても持ち上がらないです!苦笑

なので我らは斧を叩くことにしたのです!

まず薪の切れ目があるところにショートアッキスをセットします!
他の薪でショートアッキスの斧頭部を叩きます!

ワークマン斧を薪で叩いていくとだんだん斧の刃が流木に食い込んで行き「ミシミシ」という音がしてきます。割れきている証拠です!

そして最後に「カコン」といって割れます!その瞬間はサイコーの気分です!

お、手ごわい流木の薪が割れてきた!
あと一息!
カコン! 見事に薪が割れました! 節のところはうまくわれなかったです!苦笑

最近、ワークマンプラスやワークマンのオンラインストアで
なんとこのショートアッキスが売ってないんです!
でも安心してください!
Amazonで売ってました!ww
(ショートアッキスは実際には高儀さんの製品です)

ぜひショートアッキスを手に入れて
薪割りの楽しさを味わってくださいね!

【関連記事】


投稿者:

タグ: